2018年04月の記事 - 1ページ目 - 東洋医道による生涯健康&インナービュティー
FC2ブログ

Welcome to my blog

東洋医道による生涯健康&インナービュティー

Archive: 2018年04月

No image

READ MORE

See more details

薬の雪ダルマは感覚麻痺になる=乳がんの症例より

Comment  0
【患者様】 50歳代、主婦、パート病院のMRIの検査では、悪性か良性か不明だが、腫瘍が数か所に散らばって存在しているとのこと。その他、胃には多数のポリープがみつかっている。花粉症は毎年酷い状態。出産時母乳が出にくかった。仕事の関係で指先が2本変形と炎症を起こして腫脹している。【自覚症状】うつ伏せになると、胸部に固いものが当たり痛い。体の使い方によって、胸部が時々引き連れて、胸の奥がピリピリ痛むこと...

No image

READ MORE

See more details

美容鍼灸(美頭鍼)でストレートパーマが不要になった症例!

Comment  0
これは40歳代の患者様の症例です。 この方の場合は最初から頭髪の質の変化を狙いとして施術していた訳ではなく、脳細胞の活性化が狙いでしたが、気が付いたら髪の毛の質が変わりストレートパーマの爲に美容院にゆく必要がなくなっていたそうです。 一般に美容鍼灸と言いますと顏面の「美顏鍼」に注目されていますが、当院では美容鍼灸導入以前からの様々な頭部疾患の経験=円形脱毛症、自然脱毛、脳幹出血、脳卒中の後遺症など...

No image

READ MORE

See more details

美容鍼灸で同窓会への出席をお勧めしています

Comment  0
当院の美容鍼灸では全身調整+美顏鍼+美頭鍼+DRT(ソフトカイロ)で行っています。美容鍼灸の目標は日本人の本来の特徴である「素肌美人」です。それに加えてDRT(ソフトカイロ)で姿勢も綺麗にしています。ですから50~70歳代の方々には「同窓会」への出席をお勧めしています。これが美容鍼灸の効果が最も分かり易いようです。同窓会に出席された方々はニコニコされて帰ってこられます。尚、私がマクロビオティック歴...

No image

READ MORE

See more details

鍼灸師のシンプルな健康管理法

Comment  0
私は患者様に時々、次のような質問を受けます。「先生自身が体調が悪いときには自分で鍼治療をするんですか?」と・・・昔は勉強を兼ねて良く自分の体に鍼を刺していましたが、今は次のようにしていますと答えています。●筋骨格系=腰、肩、膝などが痛い、あるいは突っ張るなどの時は、必ず生活の中で「痛くなるような体の使い方」をしています。ですから、対策としては、まず痛くなるような使い方を止めます。これで、今日止めて...

No image

READ MORE

See more details

邪氣に聞いてみた邪氣の実態=人の想念は宇宙まで届く。

Comment  0
■ 病氣の根因は邪氣 東洋医学では皇帝内経(2600年前)から現在に至るまで、病氣の根因は邪氣であると認識され、鍼灸師であれば常識的に知っています。しかし「邪氣とは何か」と問われたら「さて???」の状態にあると思います。そこで、ここでは13年間に及ぶ邪氣との問答記録より、その一部を紹介して行きたいと思います。尚、邪氣との問答によりますと、邪氣にも多種多様なレベルがあって、ガンをはじめとした病気に関...