美容鍼灸(6)きれいになる訳 - 美容鍼灸について

美容鍼灸(6)きれいになる訳

    鍼灸治療による経絡現象=オーラが好転する

「不思議ですねえ、、、顏に鍼を刺しているだけなのに、、、、鍼に薬を塗ってある訳じゃないでしょう、、、それなのに顏が変化するってどうしてですか、、、」といった質問を受けることがあります。これは最もな疑問だと思います。

 当院の鍼灸治療は「経絡」を対象とした「経絡」治療をおこなっていますが、確かに身体に鍼を刺していますが、その対象は人体を流れる生命エネルギーの通路である「経絡」(けいらく)を対象として、その活性化を狙いとしています。生命エネルギー=オーラといっても良いのですが、このオーラが活性化されて、それが肉体に反映されて、変化するというところが美容鍼灸のシステムです。

 その生命エネルギー=オーラは、もともと人間に内在していますから、物質医学や整形外科のように外から何かを流し込んだり、外力を加えたりする必要はない訳です。つまり、インプットではなくアウトプットするための呼び水のようなテクニックが「美顏鍼」です。

それを東洋医学では「裡なる治癒力」と言います。

⇒経絡(生命)の研究
関連記事

Category - 美容鍼灸について

0 Comments

Post a comment