人のカラダは最高のブランド品 - 鍼療日誌

人のカラダは最高のブランド品

Category - 鍼療日誌

これは、93歳・女性の患者様を施術していた折に自然に湧いてきた会話です。

私:うわー○○さんのカラダって凄いですねえ・・最高のブランド品だねえ・・・・

患:えっ・・・このカラダが最高のブランド品ですって。アハハハハ、そんなあ・・・もうシワシワで恥ずかしいよ。

私:そんなことありませんよ、足の裏を見て下さいよ・・・もう93年も歩いているんでしょう。それなのにスリ切れたり、ほころびたりしていませんでしょう。どんなブランドの靴でも93年間はもたないでしょう・・・

患:へえーそんなコト考えたこともありませんでしたよアハハハ・・・

私:手も同じですよねえ・・・この手でやってきたことを並べてみて下さいよ・・・毎朝起きて歯を磨いたり、顏を洗ったり、料理を作ったり、食事の時には箸を持ったり、赤ちゃんを抱っこしたり・・・凄い沢山のことやってきたでしょう・・・それでも、擦り切れたり、ほころびたり、してませんよねえ・・・ですから、素材といい、機能といい、こんなブランド品の手袋ありませんでしょう・・・

患:そう言われれば、確かに凄い沢山のことをしてきましたよ・・・アハハハ

私:心臓だってそうですよねえ・・・毎日、自分でスイッチ入れて動かしている訳ではありませんでしょう・・・寝ていても動いていますでしょう・・・しかも全自動(オートマチック)で動いていますよねえ・・・どんな高級車でも93年間もエンジンが動き通しなんてありませんからねえ・・・

患:そう言われれば、確かに93年間、このカラダよく頑張ってくれましたよ・・・本当に・・でも、もっと若い時にこんな話を聞きたかった・・・

私:それから○○さんのカラダって暖かいでしょう。

患:そうですねえ・・・暖かいですねえ。

私:でもカラダの中に暖房器具ってないんですよ・・・それなのに暖かいんですよ・・・不思議ですよねえ・・・私は毎日、こんな発見でワクワクするんですよ・・・だから○○さんのカラダって最高のブランド品なんだってコトわかるんですよ・・・

ああ、それから、ある偉い先生の話では、私たちのカラダのど真ん中にはダイヤモンドが埋め込まれているらしいですよ・・・そのダイヤモンドは落としたり、失くしたりすることはありませんから、あの世まで持ってゆけるらしいですよ・・・

患:アハハハハ、それじゃ、あの世へいっても大安心だねえ・・・ダイヤモンドと一緒じゃ・・・今日はいい話を聞いてよかった、私もそろそろあの世へ行かなきゃいけないからねえ・・・大安心であの世へいけますよアハハハハハ・・・

以上は書くと長いのですが、数分の会話でした。

お読み頂きましてありがとうございます。感謝致します。
関連記事

Category - 鍼療日誌

0 Comments

Post a comment