人のカラダは太陽エネルギーを受け取るパネル体 - 東洋医学/経絡の研究

人のカラダは太陽エネルギーを受け取るパネル体

 私の健康食品は毎日の朝日です

今日の朝日も最高でしたよ。海や山で見るご来光も素晴らしいですが、日々暮らしている街から見る朝日も同じ太陽ですから素晴らしいです。私の住むところは柏市ですがまだ自然が残っています。

私の日課は、日が出る時間帯に外に出てゆっくり散歩しながら、周辺に咲く花を見たり、小鳥の声を聴いたり、公園で鉄棒や丸太の階段を上ったり、滑り台を逆走したりして今日のカラダを点検しますが、その中で最も好きなことは太陽に御挨拶をして、そのエネルギーと全身を同調させることです。それが一日のスタートになっています。

その散歩の折に時々おもしろい女性と会います。私は太陽女と呼んでいますが、その方は太陽を長時間じーとみています、そして「綺麗ですよ!綺麗な天女様が沢山いて凄く綺麗なんですよ・・・」とうっとりしながらいつまでもみています。

私が思うに、多分その方は異次元の太陽をみているのではないかと思います・・・

誰が言ったか知れませんが、太陽光線は危険だという話・・・そんなことは自然界の動植物をみれば一目でわかります。可笑しなコトをやっているのは人間だけではと・・・人間も自然界に住む自然物ですから・・

ある覚者の話によれば「人のカラダは太陽エネルギーを受けと取るパネル体」だそうですが、私もそう思います。それが一般常識になるだけで国民総医療費は削減されると思います。

何しろ太陽エネルギーは無料ですし、健康食品などより遥かに圧倒的なエネルギーですから、誰でもできる健康法だと思います。私はそれを数十年続けて医療費0円ですから・・

お読みいただきましてありがとうございます。感謝いたします。


関連記事

Category - 東洋医学/経絡の研究

0 Comments

Post a comment