美容鍼灸(美頭鍼)でストレートパーマが不要になった症例! - 美容鍼灸について
FC2ブログ

美容鍼灸(美頭鍼)でストレートパーマが不要になった症例!

これは40歳代の患者様の症例です。

 この方の場合は最初から頭髪の質の変化を狙いとして施術していた訳ではなく、脳細胞の活性化が狙いでしたが、気が付いたら髪の毛の質が変わりストレートパーマの爲に美容院にゆく必要がなくなっていたそうです。

 一般に美容鍼灸と言いますと顏面の「美顏鍼」に注目されていますが、当院では美容鍼灸導入以前からの様々な頭部疾患の経験=円形脱毛症、自然脱毛、脳幹出血、脳卒中の後遺症などに伴う瘀血の停滞、筋無力症による頭皮のゆるみ、など=から頭部に「美頭鍼」もセットで行っています。

様々な経験から得られた教訓とは

(1)頭皮と顏の皮は一枚でつながっている。
(2)頭皮が緩んでいるのに顏の皮だけ締めるのは難しい。
(3)頭皮に瘀血が停滞しているのに、顏だけ綺麗にするのは難しい。

といったことでした。

何故、髪の毛の質まで変化したのかについてですが、私が考えるに、この現象は「経絡」内を流れる「生命エネルギー」の情報と機能によるものではないかと考えられます。

鍼灸施術により頭部の「生命エネルギー」が活性化した結果、その血液のリセット効果による現象だとすれば、このような結果が生まれることも何の不思議もなかも知れません。

尚、「生命エネルギー」(氣)は最先端の医療検査機器でも確認できませんし、誰も見たこともありませんし、触れることも出来ませんので、今までは「胡散臭い」とか「インチキ臭い」とか言われて来ましたが、最近の様々な科学的研究によって解明されてきていますので、そのような話は、もう時代遅れになっているようです。

それらの論を並べると長くなりますので、省略しますが、2008年の森下敬一医博(御茶ノ水クリニック院長)の「経絡造血論」の報告は、鍼灸業界にとっては画期的な出来事で、この論を根拠にすれば、鍼灸師が毎日現場で遭遇する様々な現象の説明がつく時代になっていると思います。

お読み頂きましてありがとうございます。
関連記事

Category - 美容鍼灸について

0 Comments

Post a comment